銀行系のキャッシング、消費者金融系と何が違うか知ってますか?

キャッシングを利用したことはありますか?銀行系や消費者金融・信販会社などさまざまな業者がキャッシング業務を行っています。会社によっても内容は変わってきますが、基本的には一定額までなら自由に借入・返済ができるようになっています。直接窓口で借りたり、銀行口座に振り込んでもらったりと受け取り方もさまざまで、コンビニのATMから引き出したり、返済をすることもできます。返済方法は、分割で行うことが多いです、たとえば10万円を借りた場合には、月々5千円程度からの返済も可能になっているので、無理なく返すことが出来るようになっています。

 

銀行系キャッシングは何が違う?

キャッシングを利用しようと思ったとき、悩むのが銀行系にするのか消費者金融や信販系にするかです。それぞれメリット・デメリットはありますが、今回は銀行系の場合を見ていきましょう。

 

金利の低さ

銀行系キャッシングのメリットとしてあげられるのが金利の低さです。消費者金融系の場合、キャッシングの手数料は利益の1つとして大きな割合を占めます。しかし、銀行系は資本がほかにあるので手数料での利益収入に重きを置いていません。そのため、金利を低く抑ええることができます。

 

信頼ともしもの時の安心感

銀行系ということで、信頼感が大きいというのもメリットの1つではないでしょうか。バックがしっかりしているので、法律に触れるような借り方をする心配はありません。もしトラブルが起きたときでも、しっかりと対応してもらえるという安心感もあります。

 

審査が厳しい

銀行系のデメリットで大きいのは、審査の厳しさでしょう。金利が低い分、しっかりと返済をしてくれる人にしか借入はしません。申し込みをするときには、虚偽の申告などはしないようにしましょう。少しでも不審な点があれば、審査が通ることはまずありません。

 

キャッシングを利用したいと思ったとき、初めてなら銀行系に申し込みをするのが無難です。もし、審査で落ちたとしても落ち込む必要はありません。審査は厳しいですから、落ちて当たり前ぐらいの気持ちで行きましょう。銀行系はめんどくさそうだと、安易にキャッシング業者を選ぶと、思わぬトラブルにあうこともあります。自分が信頼できると思ったところで、借りるようにしましょう。

 

自分にピッタリな業者を探す

銀行系のカードローンのCMも目にすることが多くなりました。メリットも多い銀行系ですが、けして消費者金融系が劣っているわけではありません。比べてみると、消費者金融のほうで借りたほうが良いこともあります。どの業者が自分にあっているのか、しっかりと見極めてから借りることが大切です。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日