自分に合ったキャッシングの探し方

キャッシングを提供している会社の種類には違いがあり、大きく3つに分けることが出来ます。それぞれの会社には全く異なる特徴があるので、まずはそれらの違いと傾向を分析し、自分に合ったキャッシング会社を見つけるようにしましょう。では、キャッシングを提供する3種類の会社について詳しく見ていきましょう。

 

銀行

預金業務も行っている銀行でも、近年は消費者に対する小口融資商品が充実してきています。テレビCMでも銀行カードローンの名前を耳にする機会が多くなっており、利用者も増加しつつあります。銀行カードローンは経営基盤のしっかりした銀行が提供するキャッシング商品なので、強い安心感を伴うのが特徴でしょう。最近では少額の融資なら収入証明書なしで利用できる商品も増えており、手軽に利用できるようになってきています。

 

消費者金融

アコムなどの大手消費者金融をはじめとする、様々な消費者金融会社から無数のキャッシングが提供されています。アコムのような銀行傘下の消費者金融は銀行系消費者金融と呼ばれており、銀行カードローンと銀行系カードローンは呼び名は似ていますが、総量規制などの大きな違いによって明確に区別されています。

 

信販会社

いわゆるクレジットカード会社でも、キャッシング商品が扱われています。信販会社のキャッシングというと印象が薄いかもしれませんが、会社によっては最大限度額がかなり高額になっているケースもあります。

 

キャッシング提供会社の種類による違いはどこにある?

それぞれのキャッシング提供会社の種類の最大の違いは、総量規制です。総量規制は貸金業法によって定められており、貸金業者を対象としています。貸付額を年収の3分の1に制限する法律で、貸金業者ではない銀行を除き、消費者金融と信販会社が対象となっています。

 

銀行だけは貸金業法の対象ではない為、年収によって貸付額が制限されることはありません。その点は非常に魅力的に感じられますが、その分銀行カードローンの審査は少々厳しい傾向があり、融資限度額も抑えられやすくなっています。つまり、どこのキャッシング提供会社でも一長一短があるというわけです。

 

分かりやすくそれぞれの傾向をまとめて比較してみましょう。

 

銀行

総量規制の対象外で低金利。しかし審査に時間がかかりやすく、サービス内容もあまり充実していない。

 

消費者金融

銀行系消費者金融なら、比較的低金利で利用が可能。無利息期間サービスや即日キャッシングなどのサービスが充実している。

 

信販会社

本分はクレジットカードの発行である為、キャッシング商品としては全体的に他の2種類より一歩劣っている傾向が強い。

 

キャッシング商品としての利便性や魅力から選ぶなら、やはり1か2の利用が効果的でしょう。様々な種類のキャッシング提供会社があるとまとめて申し込みをしてしまいたくなるかもしれませんが、一度に3社以上に申し込みをすると、申し込みブラックという状態になってしまう可能性があります。まずは利用したい会社を決め、一つずつ申し込みをするよう注意してください。

 

  • キャッシング提供会社には、銀行・消費者金融・信販会社の3種類がある
  • それぞれの会社に一長一短がある
  • 申し込みは一社ずつが鉄則

 

キャッシング提供会社の選び方

キャッシング提供会社には、金融機関としての違いが存在しています。それぞれの違いと傾向をきちんと知り、自分に合った会社を選びましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日