キャッシングの利用は全て自分次第

のっぴきならない理由でキャッシングを利用する人はたくさんいます。どうしてもお金が必要な時にキャッシングを利用するのは、決して間違った選択ではありません。キャッシングは上手に利用すれば非常に心強い存在になってくれるのです。しかし、キャッシングの利用者の中には少なからず趣味に対する浪費が原因で借り入れを行っている方もいます。きちんと働いて収入があるのに、生活に必要なお金に手を出してまで浪費を重ね、金欠になる方は案外多いのです。

 

仕事によって得られる収入は限られています。それに対して分不相応な出費を重ねていれば、当然お金は足りなくなってしまいます。きちんと貯蓄をしている人なら、多少浪費をしても貯蓄で補えば問題ないでしょう。しかし充分な貯蓄がない場合、足りないお金は誰かから借りて補うしかありません。

 

親や友人にお金を借りるより、キャッシング会社から借りる方が圧倒的に気楽で便利です。キャッシングは保証人も担保も必要ないので、利用に際する煩わしさもありません。その分周りに迷惑をかけずに利用できるというメリットもありますが、最終的に返済も全て自己責任となる為、キャッシングを使う際は、きちんと責任を持って利用するようにしましょう。

 

毎月きちんと返済できるようにコントロールしよう

キャッシングで借りたお金は、毎月少しずつ返していくことになります。仕事をしている方なら安定収入があるので、その中から返済資金を出すことになるでしょう。しかし、キャッシングの返済には利息が必要になります。つまり、元々借りた金額よりも多くのお金をキャッシング会社に支払わなくてはならないのです。利息負担を甘く見ていると、最終的に収入の中から返済資金が捻出できなくなり、どんどん泥沼にはまってしまうかもしれません。

 

どうしても収入の範囲で返済が出来なくなった場合、車や家などの財産を処分して借金の返済に充てなくてはならなくなります。それでも返済資金が毎月の返済に追いつかない場合は、どんどん返済期間が延びて利息負担も大きくなってしまうかもしれません。キャッシングの返済は回数が増えれば増えるほど利息負担が大きくなるので、注意が必要です。

 

うまく返済回数を減らすことが出来れば、キャッシング会社に支払う利息額は小さくなります。しかし、その為にはきちんと返済計画を立て、毎月の支払いを余裕を持って実行できるようにコントロールしなくてはなりません。まずは収入の範囲できちんと返済資金が残せるように生活水準を下げるなどの努力をし、少しでもお金を貯めて繰り上げ返済を行うことをお勧めします。

 

  • キャッシングの利用も返済も、全て自己責任です
  • 保証人も担保もないので、自力で返済しなければなりません
  • 節約をして毎月の返済をきちんとコントロールしましょう

 

借りたらきちんと返しましょう

キャッシング利用者の中には、借りたお金をきちんと返さず踏み倒すことを前提としている人もいます。しかし、借りたお金は返さなくてはならないのが道理です。「お金がないから返せない」という事態にならないように、まずはしっかりと計画性のある利用を心がけましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日