即日融資なら営業時間内に申し込もう

即日OKの本当の意味

インターネットでキャッシング関係の広告ページを見ていると、即日融資OKやその場ですぐにキャッシングなどという言葉を目にします。即日というのはつまりその日のうちにという事になりますが、必ずしも即日融資が受けられるわけではないので注意しましょう。

 

いつでもできる事とは

24時間どんな時でも出来る事は、申し込みです。各社インターネットからは24時間受け付けをする専用ページがありますので、夜中や早朝でも申し込みをする事ができます。

 

早さで選ぶならこの2社がダントツ!!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査と融資はいつでもできるわけではない

24時間申し込めて、即日融資可能と書かれていれば、一見すると夜中でも借り入れできるのかと思ってしまうかもしれませんが、それはできません。まず、審査には受け付けられる時間が決まっています。キャッシングの審査はコンピュータと人で行うために数十分程度で終わる早いものですが、人が行うのでやはり営業時間内の作業になります。

 

店頭窓口を設置している消費者金融は土日祝日がお休みですが、年中無休で営業する自動契約機の営業時間内であれば1年中審査に申し込みをする事が可能です。自動契約機の営業時間は会社によって違いますが、審査はだいたい朝9時から夜の21時までの間に行う事ができるのがほとんどです。審査に関しては、時間外に申し込んだとしても翌営業日には必ず審査してくれます。

 

融資は即日できない事もあり得る

審査に問題がないのであれば、即日融資を受けられるでしょう。ただし初めての申し込み時には特に、融資可能な時間に限りがあります。まず大前提として審査に通過していなければなりません。融資の契約は審査の結果次第ですから、即日現金が必要ならばまずは審査です。

 

そして、借り入れ方法は2つあります。振り込みとカードキャッシングの2種類になりますが、即日に振り込みを希望する場合は平日の14時までに処理し終えていなければ間に合いません。その時間を越えてしまう場合は、その日のうちに自動契約機や店頭でカードを受け取らなければなりません。また、土日祝日の振り込みは、会社所定のインターネットバンキングの口座がもともとあれば、その日のうちに振り込みをしてもらう事が可能な会社もありますが、その他の場合は振り込みは銀行の翌営業日になるので即日は不可能です。

 

確実に即日融資を受けたいなら

自動契約機の営業時間内であれば、即日融資を受けられる可能性は高くなります。急ぎの場合はまず利用会社に電話をかけましょう。そこで審査を先に申し込んでしまい、カードを自動契約機で受け取りさえすれば、すぐにキャッシングができます。審査には必要書類など、用意しなければならないものがありますので、その後の契約がスムーズに行われるためにも準備はしっかりとしておきましょう。本人確認ができる書類は絶対に必要です。

 

即日できる事とできない事に注意する

審査が仮にその日に出来たとしても、様々な確認に時間がかかる事もあります。個人の状況が複雑であればその分時間がかかるかもしれませんし、追加で揃えなければならない書類が間に合わなければ即日には難しい事もあります。申し込み自体は24時間ですが、審査と融資は営業時間や個人の審査状況によって異なる可能性がある事を知っておきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日